上毛印刷株式会社

設備と技術

職人の技量と精神が
上毛品質を支える

大沢徹平

気温、湿度、紙の状態、すべてを理解して

印刷部 大澤徹平

私が担当しているのは2色機です。主に「ページもの」と呼ばれる書籍やパンフレットの1色ページと2色ページを印刷しています。とにかく刷っているときは集中が必要です。上毛印刷ではコンピューターで制御している最新の印刷機を使用していますが、特殊紙を使う場合は紙詰まりの危険があるので気が抜けません。その日の気温、湿度、紙の状態、すべてが影響してくるので、すべてを理解しなければいけないんです。印刷には、機械だけでなく、機械を扱う人の技術と経験が何より大切です。機械のことも、紙のことも、日々勉強しながら仕事に取り組んでいます。

天田勇

データを作成した人と印刷する人の橋渡しを

印刷部 天田勇

CTPの出力を担当しています。CTPとは「computer to plate」の略で、DTPによって制作されたデジタルデータをPS板に焼きつけることを意味します。このときにできた刷板を印刷機に取り付けて印刷するわけです。私はいわばデータを作成した人と印刷する人の橋渡しをする役目です。次の印刷をする人が仕事がやりやすいように心を配っています。そういう意味で、私がもっとも大切にしているのはコミュニケーションです。本社との連携と調整はもちろんのこと、印刷のオペレーターたちと何を優先して印刷するのかなどを話し合いながら刷板を供給しています。本社と印刷部の仕事が円滑に進んで、お客様にも喜んでいただけるのが一番です。

佐藤幹夫

機械の状態をピークに持っていく

印刷部 佐藤幹夫

私が担当しているのは4色機です。本のカバーやカラーページを印刷しています。一番気をつけていることは、機械の状態をピークに持っていってから印刷するということです。朝、工場に来たら機械をアイドリングさせて試し刷りをして、機械の調子を整えていきます。試し刷りの結果は50倍のルーペを使って見るのですが、これを見る目がないと機械の調子を上げていくことができないので、機械を扱う人の経験が大切になります。同じ機械でも、紙の種類やインキのメーカーが変われば調子も変わるので、機械が同じコンディションの日はないと言っても過言ではありません。最新の印刷機を使っていますが、実はすごくアナログなんです。やっぱり職人の世界ですね。

森田透

体力と細やかな配慮で紙を扱う

印刷部 森田透

工場の入出庫管理が私の主な仕事です。印刷機に紙をセットしたり、出来上がった製品の検品なども行っています。紙を扱う仕事は非常に体力を使いますが、同時に細かな配慮も必要です。紙の種類は千差万別なので覚えるのが大変ですが、毎日仕事をしながら勉強しています。大変な仕事ですが、それだけに製品が出来上がったときは、やりがいを感じますね。たとえば、美術印刷は、シビアな検品が要求されるので緊張しますが、完成したときの感慨はひとしおです。作業効率を上げていくことが今の自分の課題です。積極的に取り組んでいきます。

河野雅行

封筒に刷る社名やロゴに細心の注意を払って

印刷部 河野雅行

私が担当しているのは、封筒、はがき、名刺、チラシなどの1色印刷です。分厚いものから薄いものまで、さまざまな形の印刷物を幅広く取り扱っています。私が担当している印刷機はほとんどマニュアル操作なので、紙のさばきやインクの量などは経験による「勘」が非常に重要になります。印刷の仕事に携わって30年ほどになりますが、その経験が活きていると思います。常日頃から心がけているのは、安定した品質で印刷物をお客様にお届けすることです。封筒に刷る社名やロゴはその会社の看板でもありますので、細心の注意を払って刷り上げています。

「LITHRONE A437H-uv」
「LITHRONE A237P」
を導入

最新鋭の設備

印刷のすべては埼玉県にある戸田工場で行っています。フルデジタル化された戸田工場には新たに導入したUV印刷機をはじめ、3台の印刷機がそれぞれの業務を行っています。
「LITHRONE A437H-uv」(4色オフセット枚葉印刷機)「LITHRONE A237P」(A全判反転機構付オフセット枚葉印刷機)を導入したことで、大型書籍やカタログ、ポスターなど、幅広い印刷のニーズに対応できるようになりました。
印刷機にはそれぞれ印刷のノウハウから機械のくせ、紙のことまで知り尽くした経験豊富なオペレーターがついており、高い生産性の実現とともに、高品質の印刷を可能にしています。カラー印刷や特色を用いた印刷、特殊紙を用いた印刷の、複雑で繊細な再現性にも自信があります。書籍・雑誌はもちろん、美術本や古書カタログに至るまで、お客様の幅広い要望にお応えできます。

最新鋭の設備

環境問題にも取り組み、油性インキには大豆油インキを採用しています。大豆油インキとは印刷用インキに含まれる石油系溶剤を、大豆油に代替したものです。大豆油インキは一般の印刷用インキを使用したときよりも、大気汚染の原因の一つであるVOC(揮発性有機化合物)の発生が少なく、廃棄物の処理も簡単です。また、紙と分離しやすいため、リサイクルにも適しています。
4色印刷機はさらに環境にやさしいUV印刷機を導入しました。印刷時に出るヤレ紙や廃液等も、契約しているリサイクル業者によって回収、管理がされています。今後も環境問題には敏感に反応し、関係業者とも話し合って環境によりよいものを使用していきます。

PAGE TOP